シャッターチャンスは3回、誰でも参加できるZINEとフィルム写真企画「SAME SAME SAME BUT DIFFERENT」

インディペンデントレーベル「TReC」内の定期的なZINE制作を目指すクラブ「TxZxC」が、誰でも参加できるzine/写真/アートの公募型展示企画「SAME SAME SAME BUT DIFFERENT」を開催する。

現在、本企画の参加者を募集中だ。

参加方法は、エントリーフォームの記入後、世田谷233/下北沢BOOKSHOP TRAVELLERにて会費1000円を支払い、フィルムカメラと専用サコッシュを受け取るところからスタートする。

使用するカメラは、ロモグラフィーのフィルムとカラーフラッシュでの撮影を簡単に楽しめるlomography社の「Simple Use Film Camera」。

カメラを受け取ってから期間7日間の間に、撮影できるシャッターチャンスはたったの3回のみ。撮影した3枚にタイトルを付けて、何を撮影しようとしたのか、撮影時の状況などをメモし、カメラを返却する。

参加者が撮影した写真は、都内のギャラリーLomography+/ギャラリー世田谷233/下北沢BOOKSHOP TRAVELLER/祖師ヶ谷大蔵riotbeerでの展示ツアーにて展示されるほか、ZINEにもなるとのこと。

たった3回。限られたチャンスであなたは何を切り取るか。

文:ヨコザワカイト


同じカメラだけど違う作品。同じ展示だけど違う会場。
SAME SAME SAME BUT DIFFERENTは同じだけど違うがテーマです。  

どんな写真になるか、今から私たちもドキドキしてまっす!!  

この企画に失敗はありません。カメラの経験もなにもいりません、面白そうだと思う気持ちを大歓迎しています。興味を持ったあなた、気にせず飛び込んできてください!

TReC1and2


SAME SAME SAME BUT DIFFERENT

公式HP:https://www.trec.tokyo/same-same-same-but-different

エントリーフォーム:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeEJagxEyka7V-o2PJffqpnP9YvXbSdd_Ww7J0vRaoNR0gKyA/viewform