【INTERVIEW】taico倶楽部のデジタルパーカッション的言語「HIFANAはソウルミュージック!!」

MPCはずっとかっこいい。

ついでに、padKontrolもしばらくかっこいい。

デジタルパーカッションが秘めた無限の可能性は常に未来的である。クラブミュージック系デジタルパーカッションBAND・taico倶楽部はそのお手本となる未来の“楽しみ方”を毎日発信している。

「HIFANAはソウルミュージック」と語る彼らのプレイを見たら、もうイチコロ。機材を揃えたくなること必至である。

世界中から注目が集まる2人に初インタビュー! 気になるあれこれを訊いてみた。これを読んだら、すぐに楽器屋さんにGO!!

文・写真:ヨコザワカイト


今自分がやりたい事はまだMPCでできる

―インタビューは初めてとのことで。

タカシ:ついに来たって感じですね(笑)。

―こちらこそ、光栄です。お2人の結成はいつ頃でしょう?

タカシ:結成は、2015年です。きっかけは、僕が組んでいたバンドが休止して、KINを誘ったのがスタートですね。彼も元々他のバンドでMPCを叩いていて、SoundCloudを通じてお互いの事は知っていました。

KIN:僕も元から何となく合いそうだなとは思っていました。その時の機材は1人2つずつでしたね。僕はMPCとKaoss Padで、タカシはpadKontrolとKaoss Padでした。

―2人のルーツはなんでしょう。

タカシ:やっぱり2人組でやりたかったのは、僕らのルーツ・HIFANAへのリスペクトです。彼らを初めて見たときに「これからはこのスタイルだ!」と確信を持ってスタートしたので。KINは一番リズムがしっかりしていて引き出しも多かったのですぐに声をかけました。スタジオに入ってすぐに「こいつだ!」と確信を持ちましたね。

KIN:僕も不安はあまりなかったですね。HIFANAが好きということも共通していたので。

KIN:僕は高校生の頃、バンドでドラムをやっていたんですよ。LINKIN PARKとかNIRVANAをコピーしてました。バンドにデジタルな音が入っていくのに憧れを感じて。今もですが(笑)。

お2人の機材遍歴は?

タカシ:僕もHIFANAを見て、当時知り合いだったクラブのオーナーに「これどうやってできるんですか!?」と訊いたら、MPCを教えてくれて。でもMPCは高価だったので、padKontrolを買いました。その後はKaosspadを買いまして、次にシンセとか効果音が欲しくなったのでKaossilatorを。最近メインで使ってるのは、Native InstrumentsのMaschineですね。

―ちなみに現在、MaschineとpadKontrolはどう使い分けているのでしょうか?

タカシ:Maschineに音源を入れて、完全に同期してます。なので、同じ配置で同じ音が出ます。ゴムの質感とか跳ね返りとか押した感覚、あとは音のアタック感が若干変わってくるので感覚で使い分けています。2台並ぶと、見栄えがいいですよね(笑)。

KIN:「どのパッドにどの音が入ってるのか記憶してるんですか?」ってよく訊かれるんですけどそりゃそうですよね             。

―(笑)。KINさんの初めて買った機材は?

KIN:「MPC2000XL」です。16年くらい前に買いました。2回くらい修理に出しましたけど、今でも現役です! これはファナ先輩(HIFANA)を見て(笑)。同じのが欲しいと思って、頑張っておKINを貯めて、渋谷の「えちごやミュージック」で買いました。「こんなに重いんだ…」と思ったのを今でも覚えてます。というか、今でも重いですけどね。何なら、年齢とともに重く感じてきます(笑)。

一同:(笑)

KIN:そのあとは、ここにはないんですけどKAOSS MIXERというKaoss Padがついたミキサーを買いました。あとは当時のファナ先(HIFANA)が使っていたCDJも買いまして。あとは、Kaoss Pad2、今ではKaoss Pad 3を使っています。padKontrolもMPCに同期しています。padKontrolは滑らかで、優しく叩いても音が出ますね、連打もしやすいです。

―KINさんはパソコンを使っていないということで。

KIN:MPCに音源をぶち込んで。不便は今のところないですね。パソコンを使えば手軽さも出ると思うんですけど、自分の中では“ここの中でできることを”という縛りでやっていこうと思っているんですよ、今のところですが。というのも、今自分がやりたい事はまだMPCでできるので、もし他に機材を買ったとしても同じことをやろうとすると思うんですよね。

―なるほど。という事は16年前から基本の構造は変わっていない訳ですね。ちなみに、この大きなドラムパッドは何でしょう。

KIN:これはですね、一番新しくて2年前に買ったRoland HPD-20 HandSonicです。音源が入っているものですね。

―タブラの音源なんかも入ってるんですね。厳つくていいですね(笑)。

KIN:これが真ん中にあると、映えがいいんですよ(笑) ただ、重いんですけどね! これも言わずもがな、ファナ先へのリスペクトです。

―機材選びのポイントは?

タカシ:一番は、ダイレクトに触って音が出るところですかね。今ではフィンガードラムが結構流行っていますけど、僕らはどちらかというとパーカッションのプレイヤーとしてやっていきたいというスタイルなので、その点は重視しています。機材はデジタルですけれど、やっている事は打楽器の演奏ですね。

―MPCはずっと未来の機材に思えてしまうものですが。ちなみに、主な活動場所は?

タカシ:基本的な活動は月に一回、荻窪のスタジオ「リバイバル」に集まって、Twitchで配信をしています。あとは声がかかればクラブやフェスに行ったり、最近はスケートパークで演奏もするんですよ。

―Twitterでは演奏動画をかなりの頻度で出されていますよね。

タカシ:毎日毎朝出しています!

KIN:今のスタイルだと「よし曲にまとめよう!」というより、お互いジャムを楽しんでいるんです。なので、僕個人としてはライヴをがつがつやるというよりも、僕たちが楽しんでいる姿を配信や動画で見てくれる今の活動があっているんですよね。

タカシ:僕の方は結構ライヴをやりたいって感じだったんですけど、結構スケジュールの調整が難しくて。そしたら、KINの方から「配信をしたらどうか」と。それで今のスタイルになったんですよ。

―KEIZOmachine!さんもTwitterで動画を出していますよね。

KIN:前に、MPCバトルに出たときにKEIZOmachine!が審査員をされていて。そのあとあまりにも好きすぎて、みんなを集めるためにMPCバトルのイベントを僕が主催したことがあって(笑)。その時にも、審査員にKEIZOmachine!さんをお呼びしました。今考えればおかしいんですけど、俺が主催して俺が出るという(笑)。

「HIFANAはソウルミュージックです」

―お2人とも、本当にHIFANAがお好きなんですね!

タカシ:もう、ソウルミュージックですよ。あの人たちから方法論としてではなく、音楽の楽しみ方を感じたので。

―スタイルとして、引き継いでいる部分があるのでは?

タカシ:引き継ぐというとおこがましいですけれど。僕らのTwitterの動画を見て少しでも他の人に楽しそうって思ってくれたらいいですよね。僕らも楽しくやっているだけですけれど(笑)。

KIN:スタジオに入る前にサンプリングを仕込んでいくんですけれど、その曲のその部分になるまでその手を明かさないんですよ(笑)。お互い「ええ!」みたいな。かましにいくんです。それができるのもこの機材だからできることだし。そういう意味では自分たちで楽しむというのが根本にあるんでしょうね。

タカシ:だから、スタジオでセッションすると曲がどんどん変わっていって落ち着かないんですよ(笑)。結局、今のところリリースしているのも1曲だけなんです。

―どこかでリリースポイントを見つけないとですね。というのも、お客さんもその“楽しむ”に入っていければもっと面白いと思うんですよ。元の曲があって「こんなに変わったんや!」みたいな(笑)。

タカシ:なるほどね! それはいいかもしれない(笑)。

―こんな時代だからこそ、楽しみ方の1つとしてこういう場はいいですね。ちなみに、お2人の息の合わせ方ってどうしているんですか? 同期はしていないんですよね。

タカシ:同期はしていないですね。よく訊かれるんですけど、実は息の合わせ方に関してお互い意識したことはなくて。ルーツがHIFANAというので目指しているタイト感が一緒なのはあるかもしれないですね。

KIN:あとは、やっぱり沢山やってきたというのはありますよ。お互いのグルーヴがだんだんとわかってきて、そこで抜いてそこで足して、と。やっていくうちにだんだんと慣れていくと驚かなくなってくるものなので、その慣れを壊していきたいというのもあるんですが(笑)。

2人の役割とパッドの配置公開

―お2人の役割に分担はあるのでしょうか?

タカシ:KINの方がリズムがタイトなのでドラムは彼が担当して、その上に僕のメロディなりパーカッションなりを乗っけることが多いですね。もちろん入れ替わり立ち替わりは常にありますが。

―パッドの配置を訊いてもいいですか?

タカシ:人によって違うんですが、僕の場合キックは右端で、その左がスネア、その横がハイハット類ですね。あとは全部上物です。ちなみに、padKontrolのパッドに書いてあるのはKEIZOmachine!さんのサインですね。忘れもしないApple Storeでのイベントでもらいました(笑)。

KIN:俺は左端がキックで、その右がスネアその隣がCH、右端がOHですね。なので彼とは逆なんですよ。僕はドラムをやっていたので右手がハイハットが良くて。あとは、キックの上がシンバルで。そのほかは上物だったりパーカッションだったり。なので2人が入れ替わってもすぐにはできないんですよ(笑)。

―これはどう学んでいったんですか?

タカシ:当時は教本もほとんどなかったので、KEIZOmachine!さんの動画を見ながら叩いていましたね。配置はやっていくうちに固まっていったという感じです。

―最後の質問なのですが、もしだ誰かがこれから機材を買って始めたいんですと言ったときに何をに最初オススメしますか?

KIN:やっぱりMPC1000ですね。パソコンを使わないでいいので、パソコン苦手な人は是非(笑)!

タカシ:パソコン使う人は、DAWとpadKontrolかな。ネット上の音源はなんでも使えるので、そういう自由さを最初から感じられるかと思います!


taico倶楽部 Twitter:@taico0419