あがた森魚、本人名義がラストとなるアルバム『浦島2020』を12月12日にリリース&収録楽曲など詳細発表

あがた森魚が、12月12日(土)に本人名義がラストとなる新アルバム『浦島2020』をリリースする。

2020は、終わりではなく、はじまり、脱出にみえるが、出発。
あがた森魚

コロナが僕(僕ら)にとって何者であったか、コロナそのものが、「僕(僕ら)」であり、現実であり、今現在を対象化した強力な人類の主導者であり、有志であったのではないだろうか。

5年、10年後には、記憶や意識からはずれているかもしれない。が、あなた(ないしは彼方)と「愛おしむ」「懐く」「親しむ」という行為が、どのように、おこなわれただろう。そして、これから、おこなわれるだろう。

この『浦島2020』は、コロナ期2020系のエポックをどう受け止めるか、というひとつの指針に他ならない。自分、あがた森魚は、このように受け止めた。そのことは、過不足なく、この『浦島2020』に込めることができたのではないだろうか。
(アルバムライナーノーツより)

3.11から10年、2010年から毎年リリースを続けてきた2010年代シリーズ、あがた森魚名義としてのラストアルバム。

そのサウンドは、音の出る模型、音の出る機関車玩具、音の出るキンダーブック、音の出るカバヤ文庫、音の出る少年画報に満ちている。

参加ミュージシャンにホッピー神山、春日博文、太田恵資、川口義之、イトケン、東谷健司、南條レオ、伊藤彼方、タカハシヒョウリほか。

映画『嵐電』主題歌もアルバムヴァージョンとして収録。

デビューゆかりのプロデューサー三浦光紀も、ラストアルバムにエグゼクティブプロデューサーとして参加している。


■リリース情報

『浦島2020』あがた森魚

発売日:2020年12月12日(土)
CD定価 3,000円+税
CD品番: QPHZ020
販売元:Qpola Purple Hz
CD販売元:ブリッジ(HP:http://bridge-inc.net

=収録楽曲=
1. 宙返りして校庭で
2. ヒコーキDADA
3. ろっけんろおどを行くよ
4. はりうす
5. 北極星ラジヲ~うみへびの歌
6. 世界ひみつ
7. 島ガール星ガール
8. 日曜日ののど自慢大会
9. 雪の屋根
10. Boxing Day
11. 誰も知らない~北極星ラヂヲ
12. 時間のまぼろし

◎あがた森魚 最新プロフィール
1948年9月12日 北海道生まれ。’72年デビュー曲「赤色エレジー」で一躍時代の寵児に。
時代と共に常にニューウェーヴで尖端的なオリジナル音楽表現を続けている。
代表曲に『うる星やつら』のエンディングテーマにもなった「星空サイクリング」(ヴァージンVS(’82))
「春の嵐の夜の手品師」(’85)「いとしの第六惑星」(’85)、
タンゴを独自表現した「バンドネオンの豹」(’87)「佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど」(’01)など。
劇場公開作品3本を監督、俳優、執筆でも活躍。
2011年以降「2010年代ロック」をモチーフに10年間連続の意欲的なオリジナルアルバムを毎年リリース。
2019年、NYと日本を拠点にレコーディング、Blank Formsや、Mmuseummなど主催のイベントへ出演。
2020年制作のアルバムで本人名義リリースをラストとすると明言しアルバムを制作。

Official Site:www.agatamorio.com